リーキーガットについて(補足)

リーキーガットの治療中に漢方薬を飲むだけではなく、「リーキガットの修復」というフレーズを7回ずつ心の中で唱えていました。
これは心理カウンセラーの大嶋信頼氏が提唱する方法で、言葉でホルモンバランス整えて「なりたい自分」になる という本の中に詳しく述べられています。
ホルモンの名前や遺伝子の名前を唱えただけで症状が消えたり、改善するという怪しくも画期的な方法です。
リーキーガット以外にも失読症や鬱、幻覚症状、過食症、強迫性神経症など様々な対処法が載っています。
唱えるだけで、お金も時間もかからないので、試してみる価値はあると思っています。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!