4時間食べない健康法

何をやっても便秘は治りませんでした。
少し良くなったと思っても、また元の状態に戻ってしまいます。
体の毒素を排出する作用は便が70%、尿が20%、汗が5%、皮膚や爪や髪などからが5%の割合らしいです。
便で毒素を排出することができれば、皮膚からよりもずっと効率が良いのです。

まず腸が動いて無いんですよね。
一時的に調子が良い時って腸が動いてますから。

そこで、食べない時間を作ることで腸を動かすことにしました。

空腹感を感じると、十二指腸から「モチリン」というホルモンが出るそうです。
このモチリンが腸の蠕動運動を促してくれます。
また、何も食べないことによって胃腸が休めるので機能回復も期待できます。

食事の間は4時間あければ良いそうです。

いざ始めてみると、最初のうちは空腹感が辛く、低血糖のためかフラフラしました。3日くらいを過ぎると慣れていきました。
腸もグルグル音を立てて動き出しました。
この4時間食べない方法を採用してから1ヶ月くらいは調子が良かったのですが、仕事中に間食しないというのが難しくて継続できませんでした。
睡眠が上手く取れないので、仕事中に異常に眠くなるし、気が散って机に座っているだけでも一苦労なんです。
気付け薬としてチョコを食べていたので(本当は良くないんです。特に鬱と発達障害に。)間食を避けるのは難しかったですね。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!