愚図、極端、粗忽者

愚図(ぐず):はきはきせず、動作、決断を素早くしないこと。また、人やそのさま。

極端(きょくたん):普通の程度から大きく外れていること。一方に甚だしく偏っていること。

粗忽者(そこつもの):そそっかしい人。おっちょこちょい。

愚図、極端、粗忽者、これは私が母親から5歳~7歳くらいにかけて、よく言われていた言葉です。

怒られる際にこの中のどれかを言われるような感じですね。

愚図と粗忽者というのは極めてADHD的ですよね。

「極端」は成長と共にほぼなくなっていきますが、「愚図」と「粗忽者」は相変わらず残っていますね。

しかし、潜在意識が汚れそうな単語ですね~。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!