亜鉛華軟膏

2006年の年末で勤めていた旅行会社を退社しました。
9月から年末まで殺人的な忙しさで、平均睡眠時間は3時間ほどでした。
いつも急き立てられているようで、自律神経失調症も悪化してしまいました。
眩暈と心臓の痛み、このまま続けたら死んでしまうと思ったし、体調が悪いことを訴えても、
「釘でも舐めて頑張れよ!」(鉄分を摂れという意味らしい。。)
とか叱咤されるだけで改善しそうになかったので、辞めることを決断。
それから4ケ月くらいが本当の地獄でしたが、辞めてようやく休めるようになりました。

当時私はアトピーの原因は主にストレスと睡眠不足だと思っていたので、会社を辞めたら治るはずだと信じていました。
辞めてから一週間で肌はどんどん綺麗になっていきました。
しかし、喜んだのも束の間、その数日後に今までよりも酷いアトピーになってしまったのです。
首・胸・顎のライン、顔が一番酷く出ました。
リンパ液の混じった血液が出てきて固まりました。
傷の引きつりと厚いかさぶたの引きつりが酷く、布団から起き上がるのに1時間、口が開かないため、食事を取るのに1時間かかっていました。
ふと思いついて、使わずに残っていた亜鉛華軟膏を塗ってみました。
塗った直後は痒みが酷くなり、掻きむしって血だらけになってしまうのですが、その後、症状が治ってきて、ピンクの肌が見えるようになりました。
モクタールも塗ってみましたが、効果は同じでした。
ただ、モクタールは臭いです。炭のような焦げた匂いがします。
24歳の乙女は血とリンパ液と焦げ臭い匂いを身にまとい、転職の面接に行っていましたとさ。(涙)

結論として亜鉛華軟膏とモクタールは割りと効果があるし、ステロイドではない塗り薬なので、試してみる価値はあると思います。
そして、体は休息が取れると、健康に向かい始め、毒素を出します。。
それで、アトピーが悪化してしまったんですね。
この時にデトックス効果のある食べ物やサプリなどを取ると、更にアトピーが悪化する可能性がありますので、ご注意下さい。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!